プロフィール

Dr.ノマッチ(野町健)

Author:Dr.ノマッチ(野町健)
形成外科・美容外科・漢方医
JAZZ好き
酒好き、弱いくせに。
ヴィヴェンシアクリニック院長

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクアリウム

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛根湯、五苓散、桂枝茯苓丸 ~その3~

漢方薬の名前シリーズ番外編

「カコナール」
今年は、宮崎あおいさんがCMしていますね。去年は井川遥さん、結婚おめでとう
医薬品に商品名を付ける時、しばしばシャレが横行します。
カコナールもそう。
カコナール←かっこんとう←葛根湯

漢方だけではありません。西洋薬も、なかなかです。
イノバン:ここぞという時に使う心臓の薬です。
イノバン←いのちのばんにん←命の番人

製薬会社は、患者様、医療者に、薬の名前を覚えてもらいたい、薬のイメージをしやすい、そういったところから、ネーミングに頭をひねるそうです。

ご苦労様です
スポンサーサイト

葛根湯、五苓散、桂枝茯苓丸 ~その2~

漢方薬の名前シリーズです。

前回の話で、お気づきの方も多いでしょう。
「ノマッチに桂枝茯苓丸を処方されたのに、顆粒だったよー」
「葛根湯も、顆粒で出されよ~」
「ありゃ、ニセモノか?」

いえいえ、ニセモノではありません。

(1)(2)(3)で記したのは、漢方の古典に書いてある薬の作り方です。本来の飲み方なのです。
「全部、煎じたら?」
「煎じ薬は苦手だから、丸剤にしてよー」
と言いたいでしょう。

でも、それぞれ作り方が違うのには、意味があるのですよ

煎じ薬は、「煎じれば、欲しい成分が、お湯に溶け出てくる」から、煎じるのです。

煎じても溶け出てこない場合は…、粉にして服用するしかないでしょう。水溶性なら煎じ薬、脂溶性なら散剤にしたのです。しかも、古人の賢いところは、「散剤はお酒で服用しなさい」と明記しています。脂溶性の成分はアルコールがあると、吸収がよいのです。化学式のない2000年前にこのようなことに気づいていたとはっ! 東洋医学は観察医学だと、改めて感じます

丸剤は、散剤をさらに蜜で固めています。これは、散剤だけでは、胃腸に負担がかかるとき、胃腸を守るために、蜜を加えているのです。賢いなぁ

病院で処方される薬は、保険診療のシガラミで、基本的に「エキス顆粒」しか処方できないのです。

エキス顆粒は、お湯に溶け出してきたものを、固めて、顆粒状にしたものです。
煎じ薬は、欲しい成分がエキス顆粒に出てきていると思います、それなりに。

でも、桂枝茯苓丸も、五苓散も、エキス顆粒でしか処方できないのですよ…

薬効を考えたら、やはり本来の作り方が一番いいのですがね…

でも、エキス顆粒も、悪いことばかりではありません。
なんたって、手軽です。
毎朝、煮出さなくてもいい。
旅先、出先で、煎じることも、できませんもんねー
仕事場で煮出す方がいらっしゃったら、「よくやったで賞」差し上げます
処方する病院も、生薬を詰めていくのは、なかなか容易なことではありません。

では、本来の作り方に近い丸剤、散剤は、手に入るのでしょうか?

手に入ります。一部の漢方薬局では、処方していますよ。

…続く…

ハトムギとお肌の潤い その2

ハトムギは、何の病気に効きますか?
いぼ、ニキビ、皮膚炎、浮腫み、リューマチ、喘息など。冷え症にも使います。

どうして効くの?
「身体に溜まった余分な水分を老廃物とともに排出する」のです。

今の日本人に、どうしてハトムギが必要?
日本は湿気が高く、体内に水分の停滞を起こす人が多いのです(水滞ネタでも書きましたね)。
神経痛・リウマチ・関節炎・肌のアレや喘息などは、この水分の停滞によって起こるとされています(漢方の考え方)。
さらに、ジュース、コーヒー、お茶といった水分を沢山に取るという食生活が、これに拍車をかけています。
また、甘い物は、腎臓の働きを抑制します。

ハトムギは強い利尿作用があって、皮膚をはじめ、体の各所の水分の停滞を除いてくれます。

難しい話でスミマセン。次回は、もっと分かりやすく…
…続く…

ハトムギとお肌の潤い

ノマッチが診させて頂いている患者様は、発芽ハトムギ茶(三養茶)を飲むよう薦められたことが、一度はあるでしょう。皆さん、がっつり飲んで下さっていますか~?

今日からは、その話題です。

結論を先に申しますと、ハトムギは「皮膚全体(角質、表皮、真皮)に働きかけてくれる」スグレモノ、ということです

ここからは、クイズ形式です。


ハトムギの成分は?
タンパク質、カルシウム、カリウム、鉄、ビタミンB群、脂質、糖質…

カフェインは含まれている?
含まれてません。
濃い目に飲んだら、ちょっとコーヒーっぽくないこともないですが、眠気には勝てません…

漢方薬の原材料(生薬)は、上・中・下の3ランクに分けられています。ハトムギは?
「上」に指定されています。
「いくら摂取しても害がなく、健康を増進するすぐれた保健食品」であるとされています。松竹梅の「松」ですね。

料理方法は?
おかゆ、スープ、小麦粉のようにお菓子や料理に使う、そうです。美味しいのかな?
(実際、料理に使ったことのある方、いらっしゃいますか~?)
もちろん焙煎してハトムギ茶にしますし、漢方薬にも、入っています。
…続く…

おぜんざい&塩昆布のコラボレーション

涼しくなってきましたが、皆様お変わりないでしょうか?
甘処主役の座を、おぜんざいが、カキ氷から奪還した頃でしょう
(ノマッチはソレホド甘い物が得意ではない…)

今日は、おぜんざいのお話です。
おぜんざいには、何故、塩昆布がついているのでしょうか?

東洋医学には、「五行」という大原則があります。
自然界を構成する基本的な物質を
「木(もく)、火(か)、土(ど)、金(こん)、水(すい)」の五つにすべて分類されるとしました。

人体にも、適応されます。五臓六腑の「五臓」ですね。

食材も五味五性に分けられます。五味とは、酸・苦・甘・辛・鹹(さん・く・かん・しん・かん)です。

五味の調和




先人の知恵ですが、食べる時は単味ではなく最低二味を組み合わせるのがよい、と言われています。
甘い物(ぜんざい)は、腎を克し、腎臓などに負担をかけます。お小水の出が悪くなります。
そこで、腎の食べ物(=塩からい=鹹=塩昆布)を一緒に食べると、バランスがよい、ということです。
(五味調和:監修 薬学博士 渡辺武)

おっと、美味しいおぜんざいを食べたくなってきたよ~(話が、ちがう↑) 皆様、お奨めの甘処を、こっそりノマッチに教えて下され。


追記:豆類のなかで、もっとも利尿効果の強いのは、小豆だそうです。それを和菓子に用いた先達には、脱帽です

お陰様で、完全復活!

秋風邪が、治りました。この夏のオ・イ・タを反省しつつ、波風(症状)が過ぎ去るのを、じっと耐えました(^^ゞ 
でも、治ってみると、脚の浮腫み、肩こりが、とれたんですよ。吐き下して、出るものが出て、余分な水分が抜けたのでしょう。体自身が、バランスのいいところに体調を整えたのですね。
それをお手伝いするのが、東洋医学です。(+)か(-)に傾いた体(=歪んだ体調)を、x軸、y軸の交わる原点に戻るよう、後押しをします。
 今回、風邪をひいた時、周りには腕っこきの漢方・鍼灸の先生がいらっしゃって、差し詰め、「東洋医学のICU」に入院していた状態でした(笑)。リアルタイムで適切なお薬を下さった先生方、鋭くツボを攻めて下さった鍼灸の先生、ありがとうございました。

X-day、来ました―――――――――――――――――っ!

とうとう、きました。秋口の風邪。数日前から、肩こり・身体の浮腫み等、予感はありました。ビール1杯が、ノマッチにトドメを刺しました。ビールを飲んだ後、真夜中から吐いて下して…(今年も、呑み過ぎたのかなぁ、と夏の過ちを後悔しつつ…)。出るものは全て出てしまい、もう血も涙も鼻血も出やしません 翌日、ふらふらになりながら、東京に出張。幸い、漢方の勉強会だったので、先輩方がたっぷり処方してくださり、回復しました(ありがとうございましたっ!)。
 皆様も、ご注意下され。

反省:ふらふらの時は、いい処方が思いつかず…。日々の精進と勉強に、励みませう!!

海外で、デニムを買うときにはご注意を!!

格好つけて、キムタクみたくデニムと言いましたが、ジーパンのことです、今日はそのネタです。
「気候が体質に影響する」と、以前に書きましたが、それを目の当たりにしているNYのIda様からメールがきました。8月下旬に日本からNYに戻ったら、なんと、ジーパンのサイズが、一回りダウンしたそうです。気候が乾燥しているだけで、こんなにも、違うものなのですね。

お師匠さんの渡辺先生は「わかりやすい漢方薬」という本(絶版です…)のなかで、次のように述べています。「江戸中期にわが国の漢方を確立した吉益東洞の偉さは、中国から伝わった処方に、さらに水剤の茯苓を加えた日本人向きの方剤を創製し、純日本的風土から生まれる病にピッタリ合った処方を発明したところにあるといえます。」まさに、この通りです!

と、いうことで、海外でデニムを買うときは、要注意ですよ(笑) 

続きを読む »

X-day

朝夕、涼しくなりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか?この時期、ノマッチは毎年、胃腸風邪をひきます。漢方の姉弟子様がおっしゃるには、「ビール呑み過ぎ」だそうです。ビールは五味=酸・苦・甘・辛・鹹(塩辛い)のうち、苦味に分類され、体を冷やします。夏の間、調子にのってビールを呑み過ぎると、水滞が進み、解消するまでに秋になり、涼しくなる、知らない間に体が冷える、でもまだビールを飲んでいると、イチコロです。突然、おなかが痛くなり、お通じがユルンで、風邪症状が出ます。同じような経験をお持ちの方もいらっしゃるのでは・・・(同士と呼んでもいいっすかっ(笑))。でも、ビールは美味しいからな~。

試しに、この夏のビールを減らしてみました。今のところ、大丈夫ですよ。

でも、そろそろ、X-dayが来るかな~、戦々恐々としています(^^ゞ

追伸: 毎年、こうなので、「秋味」というビールを美味しく戴いたことがありません・・・

    五味については、また後ほど。

水滞ネタ 水の摂りすぎ ~みのも○たに騙されるな!~

「美容のため、一日に水を2リットル飲みましょう」 本当でしょうか?

ハリウッドの美容健康法としては、正解だと思います。ヨーロッパでも然り。何故なら、乾燥気候だからです。以前に記したとおり、不感蒸泄っつうのは、バカにならないくらいの量なのです。
日本では、どうでしょう?肌や吐く息から出て行く水分は少ないですよね。その分、腎臓に負担がかかります。サックリ水分が抜けてくれたら、いいのですが、腎臓がくたばって、出にくくなったら、どうなるでしょう?腎臓がくたばると、老けやすいし、男性なら、おでこや頭のテッペンの毛が薄くなります(ヤバッ!) 水が貯まりがちになったら、どうなるでしょう?冷え症・肩こり、頭痛、生理不順などが出てきます。水分(水だけではなく、お茶やビール、ジュースなども)をいっぱい摂っていた方、試しに水分を極力控えて、みてください(脱水にはならないように!)。半身浴を1週間続けてみてください。スパイスをいっぱい摂って、代謝をよくしてください。脚が軽くなる、冷え症がマシになる、かもしれませんよ(^^) 更に、漢方薬をちょこっと足してあげると・・・(^^)(^^)

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。