プロフィール

Dr.ノマッチ(野町健)

Author:Dr.ノマッチ(野町健)
形成外科・美容外科・漢方医
JAZZ好き
酒好き、弱いくせに。
ヴィヴェンシアクリニック院長

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクアリウム

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッカピカのクリニック

東京ミッドタウンができました。
流行りもん好きなノマッチは、ついつい目がいってしまいます ミ~ハ~でんなぁ

その中に、クリニックができたそうです。
「東京ミッドタウンメディカルセンター」

●ジョンズ ホプキンス大と提携
(この大学病院は、U.S. News&World Report誌の「全米ベストホスピタルランキング」で16年連続1位、人気病院№1ということですね)
●リッツカールトンに泊まる人間ドックのサービス(カスタムメイドのコースは、200万円程度)
●経営と医療を分離、それぞれの専門家が担当。
●健康診断・美容など、自費診療も積極的にやっていく。
●700坪のフロア、常勤医師は14人、スタッフは90人近く。
●年間売上目標10億。

日本の大学も負けてはいられません。
東大が、会員制病院(健康診断メインと長期的健康サポート)をはじめました。
入会金200~300万円、年会費30万円程度。
http://blog.m3.com/TL/20061220/2

万一、病気が見つかった場合は、一流の専門医に紹介しますよ、つまり東大が責任持って診ますよ、天下の東大だから安心しなはれ、というコンセプトでしょう。

どちらも、同じ会社が経営しているのが、興味深いところです。

会員制クリニックのメリットは、患者様も医師もゆったり優雅な空気の流れのなかで、診療がおこなわれることでしょう。

これまで、保険診療のおかげで、日本では、万人が平等の医療を享受することができました。

しかし、人生のなかで、もっとも重要な部分のひとつ、「身体をケアする」ことに、お金をかけたい、よりよいサービスを受けたいと思う気持ちも、否定できません。

少数の医師が、少数の裕福な患者を診る。

その反面、
残りの医師が、残りの膨大な患者を診ることにつながります。一般病院勤務医や開業医にその負担がかかってくることが予想されます。アメリカ合衆国では、それが如実に表れているそうです。

新しく試みることは、いいことだと思います。それを享受するのもいい。

ですが、別の一面もあることを、知っておく必要はありますよね
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。