プロフィール

Dr.ノマッチ(野町健)

Author:Dr.ノマッチ(野町健)
形成外科・美容外科・漢方医
JAZZ好き
酒好き、弱いくせに。
ヴィヴェンシアクリニック院長

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクアリウム

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多汗・わきが ~その5 ボトックス治療~

ワキの多汗は、ボトックスで減ります

蒸し暑くなってきましたね。服に汗ジミができないか、ストレスになる方も多いのです。
女性だけでなく、男性も、ワキの汗を気にして、治療希望なさる方がいらっしゃいます。

ボトックスの注射で、ワキの汗が減ります。

ボトックスを、細い針でワキに注射します。少量ずつ、ワキ全体に注入するので、何度も針を刺します
ちょっと痛い
あらかじめ表面麻酔をすることもあります。痛がりサンには、この方が良いかもね。
(でも、痛みは残ります)

治療時間はおよそ5分間程度。

3~7日ほど経つと、効いてきます。
汗の量が、減ります。(完全に消失することはありません)

しっかり効けば、1~3割程度に汗が減ります(7~9割引です!)
半年程度、効果が続きます。

ボトックスの必要量は、個人差があります。
もし、「注射したけど、1週間たっても効果が出ないよ」という方は、足りなかった、ということです。追加すれば、効果が出てきます。

半年程度は、効果が持続します。(多めに注射すると、効果が長持ちします)

手のひらにボトックスを打つことも可能ですが、痛いです。ボトックス液が行き渡った所だけ、汗は止まりますが、行き渡ってないところは汗をかきます。

ボトックスは、どうやって汗の量を減らすのでしょうか?

神経にのって「汗を出せ」という伝令が脳から走ってきます。
汗を作る工場(エックリン汗腺といいます)に、その伝令が飛び込むところをブロックするのが、ボトックスの役目です。

手術でなく注射なので、傷が残らない、手軽、短時間、汗が減るというのがボトックス治療のメリットです。

デメリットは、吸収されるので、期間限定であること、ワキガ治療としては弱いということです。

続きを読む »

スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。