プロフィール

Dr.ノマッチ(野町健)

Author:Dr.ノマッチ(野町健)
形成外科・美容外科・漢方医
JAZZ好き
酒好き、弱いくせに。
ヴィヴェンシアクリニック院長

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクアリウム

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼退治には柿太郎では役不足、やっぱり桃太郎

「桃のタネが漢方薬?!」
漢方を習い始めた頃、びっくりした思い出があります。


生薬(漢方薬の材料)の一つに、桃仁(とうにん)というものがあります。
桃の種のことですね。かたい殻を割り、中身を干したものです。
役割は、デトックス。お血(おけつ)=体内毒素を取り除く主役級です。


桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
疎経活血湯(そけいかっけつとう)
大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)

などの漢方薬に入っています。

ノマッチが漢方診療をさせていただいている患者様なら、一度は耳にしたことがあるでしょう

肌が綺麗になり、ニキビが減ります。

美白にも働きますぜぃ






もう、ここまできたら、分かりますよね。






「桃太郎が、赤鬼を退治する」のは、「桃仁が、お血を治す」ことに由来しているのです。


柿のタネでは役不足なわけですネ


ちなみに桃太郎伝説は、他にもさまざまな説があります。

老夫婦が若返って、子供(桃太郎)が生まれたとする説は、桃仁でお血が取れて子供を産める体になったと解釈できますよね。
スポンサーサイト

<< 当帰(とうき)  ~肌ツル美人の生薬~ | ホーム | ハトムギ茶について >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。