プロフィール

Dr.ノマッチ(野町健)

Author:Dr.ノマッチ(野町健)
形成外科・美容外科・漢方医
JAZZ好き
酒好き、弱いくせに。
ヴィヴェンシアクリニック院長

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクアリウム

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラセンタ皮下注射は、ほとんど痛くないです。

プラセンタ皮下注射は、びっくりするくらい痛みが少ないです。

どうしてでしょうか?

(1)ひとつは極細の針を使用するからです。

写真をご覧ください。
30Gneedle

太い方の針は、採血に使用する針です。健康診断での血液検査や献血で使用します。

細い方の針が、当院で皮下注射に使用する針です。針の太さが全く違いますね。

この極細の針で刺す際に、もう一工夫。

その付近のお肌をキュッとつまみます。患者様がそっちに気を取られている間に、針をさします。4人のうち3人は、針をさした瞬間が分からないほどです。

Placenta皮下注射


(2)プラセンタ自体がシミるような痛みがない薬品です。これを皮下組織(皮下脂肪組織)に注入します。

(3)しかも注入する皮下脂肪組織は痛みを感じません。

こういった工夫をすることで、プラセンタ皮下注射をできるだけ楽に受けていただけるよう心がけております。



ちなみに、痛みを感じるのは皮膚、筋膜(筋肉の表面を覆っている膜)、骨膜(骨の表面を覆っている膜)などです。骨折して痛いのは、骨膜が裂けるから痛いのです。筋肉注射が痛いのは、筋膜を針が貫くから痛いのです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Have a Nice Weekend
スポンサーサイト

<< 誠実な心 | ホーム | 何よりもまず、目の前の患者様のことを考える >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。