プロフィール

Dr.ノマッチ(野町健)

Author:Dr.ノマッチ(野町健)
形成外科・美容外科・漢方医
JAZZ好き
酒好き、弱いくせに。
ヴィヴェンシアクリニック院長

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクアリウム

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の下のクマ、法令線、マリオネット線。≪その2≫

クマ、法令線、マリオネット線の治療法

今日は、クマ、法令線、マリオネット線の治療法を、ご紹介します。

前回、お話したように、これらは、脂肪が減ることによる「溝」なのです。

ですから、減った脂肪を、何かで補ってあげたら改善しますよね。

溝を何かで充填させてあげたらいいわけです。

この治療法を、「充填療法=Filler(フィラー)療法」といいます。

ヒアルロン酸注入、WPRP+FGFなどがあります。

ヒアルロン酸は有名ですね。

極細の針で皮膚の下にヒアルロン酸を注入して、「溝」を膨らませます。しぼんだ紙風船に空気を入れて膨らますことに似ています。

ご存知のように、ヒアルロン酸は体の中にもたくさんあり、お肌の保湿成分としても有名です。アレルギーの可能性も低く、安全性も高い方法なので、この治療方法が世界中に広まったといってもよいでしょう。

ただ、6か月程度で、徐々に減っていきます(吸収されます)。

ふっくらさせたお顔が気に入ったのなら、もっと長持ちして欲しい、のが人の心。

また、買ってきたもの(ヒアルロン酸)を体内に注入することに抵抗感がある方もいらっしゃいます。

そのような方に適している方法が、WPRP+FGFです。

つづく…
スポンサーサイト

<< 目の下のクマ、法令線、マリオネット線。≪その3≫WPRP+FGF | ホーム | 目の下のクマ、法令線、マリオネット線。≪その1≫ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。