プロフィール

Dr.ノマッチ(野町健)

Author:Dr.ノマッチ(野町健)
形成外科・美容外科・漢方医
JAZZ好き
酒好き、弱いくせに。
ヴィヴェンシアクリニック院長

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクアリウム

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の下のクマ、法令線、マリオネット線。≪その3≫WPRP+FGF


WPRP+FGF療法とは?


ローマ字ばっかりですみません。

日本語でいうと、自己白血球含有多血小板血漿+線維芽細胞増殖因子療法です。漢字ばっかりですみません。

簡単にいいますと、患者様の血液に含まれる若返り因子を使って、患者様ご自身の再生能力を活性化させて、ふっくらさせる方法です。

しかも長持ち。3年程度は持続します(個人差があります)。

患者様から20ml程度の採血をさせていただきます。

採取した血液を遠心分離にかけたりして、注入する液を作ります。

待つこと30分弱。

その間に、注入する箇所に痛み止めクリーム(局所麻酔軟膏)を塗って浸透させます。

さらに、注入直前に氷片を皮膚に押しあてて、注入の痛みを鈍らせます。

極細の針でふっくらさせたい箇所にWPRP+FGFを注入します。

施術時間は数分です。

腫れも内出血も、ほとんどありません。

痛みも「思ったほど痛くない」とおっしゃる方がほとんどです。

個人差はありますが、1回の治療で、およそ1mlのヒアルロン酸を注入したのと同じ程度の効果があります。

落ち着くまでの期間は、およそ3~7日です。

しこりのようなものを触れることもありません。とても自然な仕上がりです。

「元気そうになったと言われる」
「メイクが楽しくなった」
「鏡を見るのが嫌でなくなった」
「ファンデーションが法令線のシワに溜まらなくなった」
とおっしゃる患者様が多いです。
スポンサーサイト

<< ヒアルロン酸の6倍長持ち (しかもお値段そのまま)=WPRP+FGF療法 | ホーム | 目の下のクマ、法令線、マリオネット線。≪その2≫ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。