プロフィール

Dr.ノマッチ(野町健)

Author:Dr.ノマッチ(野町健)
形成外科・美容外科・漢方医
JAZZ好き
酒好き、弱いくせに。
ヴィヴェンシアクリニック院長

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクアリウム

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスのキャンドルスタンド

schuwibbogen1_convert_20111215115051.jpg


クリスマスが近づいてきましたね。ツリーは出しましたか?
これは昨冬に私が作ったシュヴィップボーゲンという工作です。


えっへん、上手でしょう(笑)


種明かしをしますと…

有馬玩具博物館では工作教室が開かれていて、ここで作りました。
型紙も木材もすべて用意されていて、作り方もスタッフさんが丁寧に教えてくれます。電動糸ノコで木材を切り抜いて作ります。「ここ掘れワンワン」状態なのですが、自分で作った気にしてくれます。完成品に明かりを灯して遠くから見ると、それなりにサマになります(上記写真)。5歳のちびっ子にもスタッフさんが上手に教えてくださって電動糸ノコを使わせてくれました。大人も子供も「ボクが作った、ボク上手」って気分にしてくれます。

シュヴィップボーゲンとは、
ドイツの窓辺を彩るアーチ型をしたキャンドルスタンドのことです。
鉱山の入口を模したアーチ型の姿が特徴的なシュヴィップボーゲンは、働く鉱夫たちの安全を祈るともし火として飾られていました。現在ではクリスマスの装飾品として、ツリーやピラミッドと共に冬のドイツの家々を彩っているそうです。

これはプロの作品。格が違います。
http://www.office-danke.com/shop/chwibborgen/9990_517.html
有馬玩具博物館にも売っていましたよ。

有馬玩具博物館
http://www.arima-toys.jp/


シュヴィップボーゲンの工作教室
http://www.arima-toys.jp/schoolspecial.html



Happy Merry Chirstmas!

芦屋デコルテクリニック院長 野町 健
スポンサーサイト

<< 今年もサンタはやってきますか? | ホーム | ニキビは治ります >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。